PAGE TOP ▲

暗号通貨がこれからの未来を作っていく!ビットコインについて初心者にも分かりやすく解説します。

TOP マイニング(発掘)とは?

マイニング(発掘)とは?

ビットコインや仮想通貨について調べていくと、頻繁に『マイニング』というキーワードが登場します。何となくはわかるが、実際にはどのようなもの中を、このページではまとめていきたいと思います。

マイニングとは?

マイニングとは、簡単にまとめると『ビットコインのシステムを正常に動かす作業』です。語源は、鉱山の発掘作業から由来しています。また、マイニング自体は誰でも参加することが可能なのですが、『誰でも』というほど参入壁が低いわけではありません。

マイニンング参加者は、『新規ブロックの作成』と『参加者が作成したブロックの検証』で、正しい取引が可能になります。これが『マイニング』です。

マイニングの具体的な作業

マイニングの具体的な作業としては、『新規ブロックの作成』と『参加者が作成したブロックの検証』を行うことができます。例えば、銀行で振込を行う場合は『第三者』の役割を銀行が行い、正しく取引が行われているかを監視して、『記帳』という証拠を残します。

一方、ビットコインには『管理者』が存在しません。その代わりに『全員が全員を監視するシステム』を構築しているため、ビットコインの取引が成立する仕組みになっています。この監視を『マイニング参加者』が行っています。マイニング参加者はブロックチェーンに書き込んで取引の記録を残します。その記録を公開することにより、不正な取引も証拠が残るようになっています。

どのようなことをしているのか

では、実際にマイニングではどのようなことをしているのでしょうか。マイニングでは先ほど『新規ブロックの作成』と『参加者が作成したブロックの検証』で、正しい取引が可能になりますと説明しました。

ビットコインのシステムでは、ビットコインの取引を書き込んでいくと同時に『演算』という作業も行っています。この『演算』ですが、こちらも不正を無くすシステムの一部で、演算を正確に行うことでマイニング参加者は『不正』を行っていないことを証明しています。

ビットコインの取引を、ブロックに入れて、演算で正確に計算することで、不正のないブロック証明します。また、ビットコインは誰でも参加できるが参入壁は高い理由として、ブロックを作成できるのは『10分間に1個』というルールがあるからです。このルールを元に『10分間に1個』世界中から1名のみしか作成ができないためです。

マイニングには報酬が発生します

不正のないブロックを証明するために演算を行うのですが、この演算を行うためには『ハイスペックのマシン』と『電力』必要になります。もちろんどちらにもそれなりの『費用』が発生します。

なぜ、そこまで費用をかけてマイニングを行うのでしょうか。理由は『マイニングには報酬が発生』するからです。

マイニングでブロック作成に成功すると、2種類のビットコインを貰うことができます。一つは『ブロックに埋め込んだ取引手数料』と、もう一つは『新規発行ビットコイン』です。この報酬を獲得するために、世界中のマイニング参加者は、費用をかけてマイニングを行うのです。しかし、ブロック作成は10分間に1名しか成功できない『早い者勝ち』です。世界中のマイング参加者は、演算をいかに早く解くかがカギとなり、日々競い合っています。

また、『マイニングプール』というグループでマイニングをおこなう人が増えたため、個人での発掘作業は非常に困難になっているといわれています。

報酬はどれくらいもらえるの

ビットコインでは、10分間に1名にマイニングでブロック作成に成功し、報酬がもらえるという内容でした。そして肝心の『報酬は12.5BTC』も受け取ることが出来ます。単純に1BTCは100万円を超えていますので、その額の凄さがわかると思います。これを10分間に1名貰えるのですから、世界中でマイニング作業をする人が多いのも納得できます。

また、『半減期』というものが存在し、4年に一度、ビットコインの報酬が半減する時期があります。実はビットコインが生まれた時のマイニング報酬は50BTCで、これまでに、2012年と2016年の二度の半減期を迎えたため、50BTC→25BTC→12.5BTCとなっています。

次は2020年頃に半減期が訪れるのですが、これは21万ブロックが生成される毎に訪れる設定のためです。ブロックが作成されるタイミングは、10分に1名なので、21万ブロックになるには約4年という計算になります。

ビットコイン発行上限に達した場合

ビットコイン発行上限は2100万BTCと最初から決まっています。そのため上限に達成してしまうと、マイニング参加者は減少するといわれています。理由としては、発掘の報酬がなくなり、送金手数料のみとなるため、報酬の減少がが考えられるからです。

もう一つが『51%攻撃』です。これは処理能力をコントロールすることで、ビットコインのシステム自体の崩壊させる問題のことです。もしも、マイナーグループが51%以上を持ってしまった場合51%攻撃も可能になってしまします。

もしも51%攻撃が可能になってしまうと、『データの書き換え』や『不正取引』も可能になってしまうため、ビットコインが崩壊してしまう恐れもあるということです。