PAGE TOP ▲

暗号通貨がこれからの未来を作っていく!ビットコインについて初心者にも分かりやすく解説します。

TOP 仮想通貨のICO

仮想通貨のICO

ICOとは?

ICOは、Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略で『新規仮想通貨公開』という意味で、一般の方々から資金を集めてプロジェクトを実行することをいいます。円やドルではなく仮想通貨で集める特徴もあります。

IPOという似た言葉もありますが、こちらは株式上場のことで、企業が資金を集めることをいいます。

ホワイトペーパー

事業者はICOを行う際に『ホワイトペーパー』という、具体的なプロジェクト内容やトークン※についての内容が書かれた文書を公開します。しかし、ホワイトペーパーの中には内容が浅く、財務や法務関連についてほとんど書いていない場合もあるので詐欺などの注意も必要です。

そのため、ICOへの投資を行う場合は、ホワイトペーパーを読むのが最低条件と考えてください。また、そのホワイトペーパーについて記事も参考にすることが賢い選択といえます。

※トークンとは既存のブロックチェーン技術をそのまま使って作った仮想通貨のこと

トークンセール

トークン(仮想通貨)を発行して販売することを『トークンセール』といいます。

発行者は、投資家に購入してもらうことで資金調達ができるメリットがあります。投資家は取引所などで販売される前に、割引価格で購入できるメリットがあります。

認知度を広げ資金調達の総額を増やすために、トークンの販売はを数回に分けて売り出すこともあります。また、大々的に広告を打ったり、有名人を採用する場合もあります。

しかし、注意しなくてはいけないのが、『認知度』と『信頼性』は必ずしもイコールではないので、有名だから買ってみようといった安易な考えでの購入は注意が必要です。

ソフトキャップとハードキャップ

トークンセールでは、『ソフトキャップ』と『ハードキャップ』という設定が存在します。

ソフトキャップは最小販売数の意味で、ソフトキャップに到達しない場合はICOが中止になります。また、ハードキャップは最大販売数を意味で、ハードキャップに到達した場合はICOが途中終了します。

クラウドセールとプレセール

クラウドセールは通常のICOを意味し、プレセールは、ICO前のテスト販売を意味します。プレセールは、ICO前のテストとして行われることもありますし、ICO前の資金調達として用いられることがあります。

上場するかがポイント

取引所で仮想通貨の売買が可能になることを『上場』といいます。そして、ICOに投資した仮想通貨が上場するかどうかがポイントになります。

ICOに投資したまでは良いが、上場されていないことには自由に売ることができません。上場されることにより、価格が上昇して利益を得る可能性もあるからです。

そこで確認したい点として、ICOの後に取引所への上場はあるのか、さらに日本の取引所での上場があるのかは確認したいところです。また、上場する取引所が金入庁登録しているかどうかも注意が必要です。

もしも、上場しない場合には、換金する方法があるのかどうかも確認が必要です。

ICOの参加方法

トークン(仮想通貨)の購入には『ウォレット』の作成が必要です。

最近ではイーサリアムベースでICOが行われるのですが、Waves(ウェーブス)やLitecoin(ライトコイン)をICOが行われる場合もあるので、確認してからウォレットを作成することをオススメします。

イーサリアムの主要ウォレット
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)・Metamask(メタマスク)・Mist(ミスト)
なかでも、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)が使い勝手が良くオススメです。

ICOのメリット

ICOを行うことで発行者である企業のメリットは、監査を受けずに容易に、資金調達ができるという点です。

一般的に株式市場でIPOを行う場合は、基準を満たしているかなどの審査や監査が必要ですし、費用も発生します。ICOで資金調達する場合は、直接仮想通貨を発行するため、監査が無く安価で資金調達が可能です。

一方、投資家の場合は、ICO時の価格が低い事が多いため、価格が大きく跳ね上がる可能性があります。ICO後に、取引所で取り扱われることで価格が上昇し、大きな利益を得られる可能性があります。

ICOのデメリット

発行者、投資家の両方にメリットが大きいICOですが、もちろん問題もあります。一番大きな問題としては、出資者側が『詐欺』に遭う可能性です。

ICOは、将来の開発されるサービスに対して出資されるということが基本です。しかし、本当に実現可能なサービスを開発していたり、そもそも実態があるのかなど、不透明な部分は否めません。これまでにも、全く開発を行う意思のないICO詐欺もあり、出資者を守る法律もないため泣き寝入りするしかないのです。

このようなことから、ICOが盛んに行われていた中国では『全面禁止』になり、韓国でも同様に全面禁止、アメリカでも規制がかかっています。現状(2018年3月)、日本では規制がかかっていません今後は規制または禁止の方向に向かう可能性はあるでしょう。

ICOは儲かるの?

あるICOを見つけて、ホワイトペーパーも読んだ上で投資したとします。しかし、そのICOが成功するかどうかは、残念ながらわからないのが現実です。IPOで投資した企業が絶対に儲かるかどうかわからないことと同じです。

投資には絶対に儲かるという保証はありません。そのためICOに投資する場合は、余剰資金で行うことをオススメします。