PAGE TOP ▲

暗号通貨がこれからの未来を作っていく!ビットコインについて初心者にも分かりやすく解説します。

TOP DApps

DApps

DApps(分散型アプリケーション)とは

DAppsは “Decentralized Applications” の略であり、日本語に訳すと『分散型アプリ』という意味です。DAppsの読み方は『ダップス』が一般的で『アダップス』と読んだりもします。

DAppsには管理者がいないため、非中央集権という考え方から名付けられています。ビットコインにも登場する『ブロックチェーン』を使ったアプリと考えるとわかりやすいでしょう。

Dappsの定義

DAppsの定義は大きく分けて3つの条件が必要となります。
1・オープンソース(プログラムが公開)でブロクチェーンを利用している
2・流通可能な暗号化されたトークンを持っている
3・ユーザーの同意で使用の変更(フォークなど)ができる

ビットコインもDApps

意外なところでは、ビットコインもDAppsです。

ビットコインも中央集権ではないですし、ビットコインで支払いや報酬を得ることが可能で、ビットコインキャッシュの様に分裂などが可能な点からみても、DAppsなのです。

DAppsのベースはイーサリアム

DAppsの多くは『イーサリアム』という仮想通貨をベースに開発されています。イーサリアムを利用することで、ゼロから開発することなく効率よくアプリケーションを開発できるというメリットがあります。

その他にもネオ(NEO)、リスク(Lisk)、クアンタム(Qtum)、ウェイブズ(Waves)などもDAppsのプラットフォームとして注目されています。

社会のサービスの多くがDApps化していく

ビットコインを始め仮想通貨自体がDAppsとみなすことが出来ます。

そして今後は仮想通貨だけではなく、様々なジャンルでの利用が期待されており、ゲームはもちろん、個人情報の管理や、フリーランスへの仕事のマッチング、市場調査などが期待されています。

DAppsはマネタイズできるの?

現時点では難しいといわれている理由として・・・
・手数料が高額になる可能性
・スマートコントラクトの速度
・プライバシー問題
などが上げられているのですが、テクノロジーが進化するスピードを考えると、間違いないくマネタイズすることは可能でしょう。

イーサリアムの開発を学ぶ

DAppsのプラットフォームであるイーサリアムを学ぶことがTechAcademyで可能です。スキルアップしたい方は無料体験あるので興味のある方は是非御覧ください。

TechAcademyの無料体験サイトを見てみる⇒オンラインブートキャンプ無料体験