PAGE TOP ▲

暗号通貨がこれからの未来を作っていく!ビットコインについて初心者にも分かりやすく解説します。

TOP ブロックチェーン

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは

『ブロックチェーン』という言葉を聞いたことはあるが「何のことやらさっぱり・・・」という方は多いのではないでしょうか。

ブロックチェーンとは、ビットコインから誕生した『取引データ』の技術です。銀行のように『中央管理者』がいなくても、決済を行えるように生み出されました。取引したデータを『トランザクション』といい、それをまとめたものを『ブロック』といいます。このブロックを保存された状態が『ブロックチェーン』といいます。

銀行とビットコインの取引を比較

ビットコインには中央管理者がいません。では、どのようにビットコインの取引を管理を可能にするかというと『ブロックチェーン』が可能にしています。ではここで、『銀行の取引』と『ビットコインの取引』を比較することで、ブロックチェーンのイメージを考えてみましょう。

銀行取引の場合

例えば、『クロダさん』が『ナカモトさん』に100円を振り込んだ場合は『クロダ⇒銀行⇒ナカモト』という順序になります。クロダさんと、ナカモトさんが取引をする時に、『記帳』を銀行が行い帳簿管理をしています。

銀行は、この帳簿にウソの内容を書かれたり、書き換えられないように、一括で管理しています。この仕組が『中央管理』という考え方です。

ビットコイン取引の場合

一方、ビットコインの流れは『クロダ⇒ブロックチェーン⇒ナカモト』という順序になります。ブロックチェーンに『クロダさん』から『ナカモトさん』にビットコインを送ったことが書き込まれます。

このようにビットコインでは、ブロックチェーンを『取引帳簿』の役割しています。ブロックチェーンが取引帳簿の役割をするので、中央管理者が不在でも取引が可能になります。

ブロック作成に不正はないのか

ブロックチェーンは参加者がブロックを『作成』『検閲』『繋ぐ』ことで、銀行の帳簿と同じ役割を持っています。ここで一つ気になるのは『参加者が不正することなくブロックを作成できるのか』という点ではないでしょうか。

参加者が作成したブロックは、必ず他の参加者が確認する決まりになっているため、不正があれば破棄される仕組みになっているからです。この『検閲』という決まりがあるため、中央管理者が不在でも不正を防ぐことが可能になっています。

取引内容は全て公開されています

ブロックチェーンの特徴として、取引履歴を誰でも『Blockchain.info』から閲覧することが可能です。

ブロックは『ハッシュ関数』という手法をつかって暗号化されているので、取引履歴自体は閲覧できても、詳細は確認できないようになっています。また、ハッシュ関数は、元のデータを読み取ることができないようになっている『不可逆性』という特徴もあります。

個人情報が心配

ビットコインを保有するには『ビットコインアドレス』が必要ですが、個人情報はビットコインアドレスに登録されていません。個人情報が記載されていないビットコインアドレスがブロックチェーンに記載されるので、取引履歴が世界中に公開されても、個人情報が漏れるという心配がないということになります。

ブロックが繋がる仕組み

1つ1つのブロックは『1つ前のブロックデータ一部』を記載することにより、繋がれていることが証明されています。1つ前のデータを、次のブロックへ埋め込むことで、データの改ざんを防ぐことになります。

改ざんできない仕組み

例えば、10番目のブロックを改ざんすると、11番目のブロックに矛盾がおきてしまうのです。何故かというと、9番目のブロックには10番目のブロックデータが入っているからです。10番目のデータを改ざんするなら、9番目のデータも書き換えなくてはいけません。8番目、7番目とさかのぼっているうちに、新しいブロックが誕生するため、結果的に改ざんができなくなるということです。

2100万BTCが上限

このブロックですが、永遠に作り続けられるものではなく、ビットコインの総発行量は『2100万BTC』と決められています。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンの大まかな意味はつかめたでしょうか。ここではブロックチェーンという技術で得られるメリットを考えてみます。

銀行なしでの取引が可能

ビットコインの登場で、ブロックチェーンの『取引記録』を残すことが可能になりました。これにより、これまでの『銀行』という中央管理者がいなくても、不正のない取引が可能になります。これにより、手数料や時間を軽減することができ、自由にお金のやり取りをすることができます。

第三者の証明が不要になる

ブロックチェーンの技術を使うことで『記録を証明』することが可能になりました。これまで『証明』というのは、銀行・国などの『信用』がある第三者によって行われるのが一般的でした。ブロックチェーンでは、ブロックに記載されている『履歴』のみで証明することが可能です。これにより『第三者が不要』になるので、これまで支払っていた手数料を抑えることが可能になります。

システムのコスト削減

これまでサーバーを利用して、膨大なデータを残していた企業が、ブロックチェーンの技術を利用することでコストを削減することが可能になります。そのコスト削減がサービス料金に反映されるようになります。銀行などがブロックチェーンを採用するようになると、手数料が抑えられ、振込みの時間なども自由になることが考えられます。

スマートコントラクト

ブロックチェーンには『スマートコントラクト』という機能があります。スマートコントラクトでは、契約の条件確認や履行を自動的に実行させることができます。例えば、カーシェアリングでスマートコントラクトを行うと、ユーザー同士で直接契約が自動的にできるといった可能性があるということです。これが一般的になると生活そのものが変わっていくといわれています。

まとめ

複雑な技術であるブロックチェーンですが、大まかなイメージは掴めたでしょうか。

ブロックチェーンは『証明する』というキーワードで、国や銀行などが関わることなく、様々な取引が可能になる技術です。ビットコイン以外にも応用が可能な技術で、これからのサービスに大きなメリットをもたらす存在ということが、わかったのではないでしょうか。