PAGE TOP ▲

暗号通貨がこれからの未来を作っていく!ビットコインについて初心者にも分かりやすく解説します。

TOP アルトコイン

アルトコイン

アルトコイン(オルトコイン)とは?

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨の総称のことをいいます。アルトコインは『alternative coin』の略した呼び名で、直訳すると『代替通貨』という意味です。

CoinCheckで有名になった『ネム(NEM/XEM)』や『イーサリアム(Ethereum)』なども、ビットコイン以外の仮想通貨のためアルトコインの一種となります。

アルトコインの種類

アルトコインの数は1,000種類以上あるといわれているのですが、日に日に増しているため、正確な数は把握することが難しいです。

また、価値のあるアルトコインはそれほど多くないのが実状です。アルトコインの価値を調べることができるサイト『CoinCap』では、仮想通貨毎の価値を確認できます。

CoinCapのサイトを見てみる

アルトコインで投資

アルトコインは投資も活発に行われています。人の考えは様々で、すでに市場規模が拡大してしまったビットコインよりも、これから成長して価値が上がる可能性が高い、アルトコインに投資する人も存在します。ハイリスク・ハイリターンということです。

アルトコインの多くは、技術的に発展途上のため市場が非常に小さいです。そのため価格の上下が激しいので、これから仮想通貨投資を始めようとしている方には慎重に行うことをオススメします。

ICOでアルトコイン開発

ICOとは『Initial Coin Offering』の略で、別名『クラウドセール』とも呼ばれており、資金の調達手段の事をいいます。ICOは、株式上場の審査や、証券会社への支払いがないため、資金調達が容易です。また、ICOはビットコインかイーサリアムでの参加が多いことが特徴でもあります。

詐欺

アルトコインでの詐欺は増加傾向にあるため、投資を検討している方は注意が必要です。どのアルトコインが良いか探しているうちに『必ず儲かる●●●コイン』や『今年絶対価値の上がる●●●』というような、広告やサイトはご注意を。投資には絶対はありませんし、リスクがもちろん必要だからです。

代表的なアルトコイン

ここでは代表的なアルトコインである
・イーサリアム(Ethereum)
・ライトコイン(Litecoin)
・リップル(Ripple)
・ネム(NEM)
の4つについて順番に説明していきたいと思います。

イーサリアム(Ethereum)

ビットコインに続いて時価総額第二位の仮想通貨です。多くの取引所でも扱われているため、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。ビットコインは『決済システム』が主な用途として作られたものに対し、イーサリアムはブロックチェーンを利用した、アプリケーション作成のプラットホームという考え方です。

イーサリアムの通貨単位は『ETH(イーサ)』で、イーサリアムの手数料は『Gas(ガス)』です。この手数料は、取引にはもちろん、イーサリアムブロックチェーンで作成されたアプリを稼働させる時に発生します。

ライトコイン(Litecoin)

ライトコインは『決済機能』に優れている仮想通貨です。2011年にチャーリー・リー氏(元Googleエンジニア)によって作成された仮想通貨です。機能としてはビットコインによく似ているのですが、『決済スピードの速さ』と『総発行数量の多さ』がビットコインよりも上回っていることが特徴です。

ライトコインの通貨単位は『LTC』で、ビットコインのプログラムを元に開発されています。また、ビットコインよりも早くに、取引処理能力を向上させる『Segwit』を実装させているということでも注目されている仮想通貨です。

リップル(Ripple)

リップルは、企業間や国際間の取引を得意とした仮想通貨です。リップルがビットコインとの大きな違いとして、リップル社で管理しているという点です。管理者不在が仮想通貨の特徴としている点では、リップルがその分類に入るのかは微妙な所といわれています。

リップルの通貨単位は『XRP(エックスアールピー)』で、決済時間が『最短4秒』するという点が、ビットコインとの大きな差です。これはリップル社独自のネットワークで使用しているためであり、見方を変えるとリップル社を信用して利用するという意味にもなります。

ネム(NEM)

最後は2018年1月にも話題になったネムです。ネムとビットコインとの違いとして、ブロックチェーン活用を目指して開発された暗号通貨です。また、ユーザーが独自の仮想通貨を作成でき、ネームスペースという名前も付けられます。このように独自の通貨を作成・運用できるところがネムの大きな特徴といえます。

ネムの通貨単位は『XEM(ゼム)』で、NEMは『New Economy Movement』の略です。また、XEMはすでに上限の約90億コインまで発行が終わっていため、これ以上増えることがありません。

アルトコインのまとめ

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨です。ほとんどのアルトコインは、価格変動で利益をとる投機目的なのですが、日々の生活への活用も検討されています。ビットコインに比べるとまだまだ知名度が低いですが、今後の成長に期待されています。