PAGE TOP ▲

暗号通貨がこれからの未来を作っていく!ビットコインについて初心者にも分かりやすく解説します。

TOP ビットコインの始め方

ビットコインの始め方

ビットコインとは仮想の通貨

ビットコインとは『仮想通貨』という『仮想(バーチャル)』の『通貨』のことを意味します。『通貨』と呼ばれているところからもおわかりの通り、ビットコインは『通貨』や『コイン』といったお金ということになります。

ビットコインはお金なのですが、紙幣・硬貨といったリアルなお金は存在しません。『電子決済システム』というインターネット上で存在するお金と考えて下さい。また、円やドルといった通貨の単位と同様、ビットコインの単位は『BTC(ビーティーシー)』という単位で表記されます。

例えるならゲーム内のコインが使えるイメージ

ビットコインを考える時に、ドラクエやファイナルファンタジーなどのゲームを思い出すと分かりやすいです。例えば、ゲームの中で敵を倒すと「1G獲得!」などゲームの中でどんどんお金を獲得していきます。1Gは現実世界では発行されていませんが、ゲーム内ではコインとして存在しています。

ビットコインでも同様に、データ内で1BTC(ビットコインの単位)と表示されたものに対して、私達がお金なのだなと認識してしています。誤解を恐れずにいうと、ビットコインは『現実世界で使えるゲーム内のコイン』と考えていただけると良いです。

このようなことからも、ビットコインは通貨として認識してしまっても、問題がないと考えられます。

ビットコインと日本円の違い

では、ビットコインと日本円の違いについて考えてみましょう。日本円で考えた時に、日本では『国(中央銀行)』が円を発行します。そして、私達の貯金や給料や支払いなどを管理しているのが『銀行』という存在です。まとめますと、普段利用している日本円は『中央』に『管理』されているということになります。

ビットコインには中央管理者が不在

一方、ビットコインはいかがでしょうか。日本円とは違い、ビットコインを発行する国や銀行などが無いのが大きな違いです。ありえない話に聞こえますが、ビットコインではブロックチェーンという決められたルールの中で存在しています。日本円のようにリアルに見ることが出来ないビットコインは『暗号鍵』を自分で管理することで所有する事ができるのです。

2009年からビットコインは発行されたのですが、これまでの間にシステムが崩れてしまったり、ハッカーなどからの攻撃で盗まれてしまったことは一度もないのが特徴でもあります。※ビットコインを取り扱う取引所が攻撃を受けたことはあります。このようなことから、『中央』に『管理』されていなくても安全にビットコインを資産として保有していくことが証明されているという見方もできます。

中央管理者不在で受けられるメリット

私達がビットコインを利用する場合の身近なメリットとしては『仲介手数料』が発生しないということです。具体的にどういうことかというと、銀行では振込手数料といった送金に関連する手数料が発生します。特に海外送金の場合は高額な手数料になってしまうことが多いです。

一方、ビットコインの場合は少額で送金できてしまうのがメリットです。ビットコインは一般的な通貨とは違うので、データとしてインターネット上で決済できることが可能だからです。

手数料がかからないということは、使いみちが広がることを意味しています。例えばクレジットカードやデビットカードなどを利用する場合に、お店側はクレジットカード会社に手数料を支払っています。しかし、ビットコインでの決済は少額なため、ネットショッピングとの相性が非常に良いということからも将来性が見込め、ビットコインでの支払いが可能な店舗も増えてきています。

決済に時間が関係ない

ビットコインは中央管理者が不在のネットワークで決済を行うので営業時間という概念がありません。そのため24時間いつでも決済することが可能なのです。注目する点としては、海外への送金スピードが格段に早いということです。銀行経由で海外送金したことがある方であればよくわかると思うのですが、時間外の場合に翌営業日となってしまうことが多いのです。見方を変えると、送金することが早ければ、着金も早いということです。

ビットコイン5つ買い方

ビットコインを購入するには、主に5つの方法がありますので、1つ1つ見ていきましよう。

1・取引所で購入

ビットコインを購入する方法の中で、一番手軽で安心なのは『取引所』というインターネット上にある取引所で購入することが出来ます。

取引所とは、ビットコインを『売りたい人』と『買いたい人』が集まる場所のことです。集まる場所と言っても、実在するわけではなく、インターネット上に存在しています。取引所では日本円で購入することが可能ですので『登録』と『本人確認』を行えば、すぐに利用することができます。

※日本国内での大手といえば資本金N0.1を誇る『bitFlyer』がオススメです。
bitFlyer(ビットフライヤー)

2・販売所で購入

取引所では『他のユーザー』から購入するのに対し、販売所では『販売元から直接』購入することができます。取引所と比べると手数料が割高になる場合がありますが、手軽にスピーディーに購入することが可能です。

安く買うなら『取引所』、手軽に買うなら『販売所』と考えてると良いと思います。

3・ビットコインを送ってもらう

店舗でお客様からの支払いをビットコインで頂く場合などがあります。これは、クレジットカードや電子マネーに比べて、導入費用や手数料が圧倒的に抑えられるというメリットがあるためと考えられています。

4・マイニング

ビットコインは購入するだけではなく、マイニング(発掘)することで手に入れることもできます。ビットコインは、すべての取引を記録するのですが、最終的に処理を成功させた人に、報酬としてビットコインが支払われます。

5・ゲームで稼ぐ

ポイントサイトやお小遣いを稼ぐサイトで獲得したポイントをビットコインに交換することが出来ます。スマホゲームをダウンロードするだけで、ポイントが無料貰えたりするので、大変オトクです。

オススメするポイントサイトは『モッピー』です。
モッピー

いくらから買えるの?

ビットコインの最小購入単位は、取引所によって違いがありますが、0.0001BTCから購入が可能です。例えば、1BTC=120万円の場合、0.0001BTC=120円から購入が可能ということになります。各取引所の最小購入単位は下記のとおりです。

bitFlyer(ビットフライヤー) 0.001BTC
Coincheck(コインチェック) 0.001BTC
Zaif(ザイフ) 0.0001BTC

各取引所の最低取引単位で取引しても、かなり少額での購入が可能です。数百円〜数千円での取引が可能ですので、小さくはじめてみてはいかがでしょうか。

ビットコインでできる6つのこと

では、実際にビットコインではどのようなことができるのでしょうか。意外なところでも使用できるので6つの項目にまとめてみました。

1・投資することが可能

まず一番に挙げられるのは『投資』というイメージ持っている方も多いのではないでしょうか。一方で、全くの初心者には、ビットコインは『電子マネー』と同じようなものと、思われてしまうことが多いのですが、仕組みが全く違います。

大きな違いとしては電子マネーのように『1ポイント=1円』のような相場が固定されていません。ビットコインは価値のあるのもと考えられていますので、日本円と同じようにレートが変動するということです。その価格の上下で利益を得ることが可能になります。

2・モノやサービスを購入できる

ビットコインは仮想通貨ですが、現実世界にあるモノやサービスを購入することが出来ます。大手家電量販店『ビックカメラ』では全店舗で、ビットコインの使用が可能になりました。これにより、外国人観光客は両替すること無く、モノやサービスを購入することができるという便利なシステムです。

3・ビットコインアドレス

これまでの感覚では『口座』というと、銀行で証明書を提示して作るイメージなのですが、ビットコインでは全く仕組みが違います。『ビットコインアドレス』という銀行口座を、即座にいくつも作ることが可能です。

ビットコインは、このビットコインアドレスで資産管理ができ、読み取ることでいつでも送金することが可能になります。

4・海外送金

ビットコインはインターネットを利用してやり取りするため、どこにでも送金することが可能です。これまでは日本円を海外へ送金する際には銀行などの金融機関を利用しなくてはいけませんでした。

そんな不便な問題も、ビットコインでは24時間、365日、世界中のどこにでも送金することが可能になります。相手側に届く時間も早ければ約10分程度と、比較にならないほどの速さで送金でき、手数料も少額ですみます。

5・決済システム

店舗などで使用されている決済システムは、『クレジットカード』や『電子マネー』が一般的で、手数料も3%〜4%なので導入を見送っていたかたも多いと思います。しかしビットコインではコストを抑えての導入が可能で、手数料も1%程度となっています。

6・寄付ができる

これまでの寄付では、本当に寄付が届いているのかが不透明な場合がありました。しかし、ビットコインでは送金状態を確認することが確認することができますし、格段にスピーディに手数料も安く、寄付をすることが出来ます。

考えられる5つのリスク

信頼度・注目度が年々増しているとはいえ、ビットコインにもメリットがあればリスクも存在します。ここでは想定されるリスクを考えてみたいと思います。

1・相場変動率はドル円の10倍以上

ビットコインはまだ生まれたばかりの新しい通貨です。世界中で注目されている通貨とはいえ、ニッチな市場ということを忘れてはいけません。そのため相場は大きく変動し、1日の相場変動率はドル円の10倍以上ともいわれています。こうしたことから、ハイリスク・ハイリターンというリスクは頭に入れておいて下さい。

2・送金の取り消しができない

ビットコインの性質上、一度送金を行うと取り消すことが出来ません。もしも何らかの理由で送金先を間違ったとしても例外ではありません。銀行などが間に入り『組み戻し依頼』などの保証がないということです。

3・取引履歴が公開される

ビットコインは『ブロックチェーン』という技術から、取引履歴の全てが公開されています。取引と個人情報は、紐づけされいないので、個人を特定されるという危険性はありませんが、取引毎にビットコインアドレスを変えることが賢い考え方といわれています。

4・取引所が破綻した場合の保証

ビットコインは『取引所』で購入することができるのですが、その取引所が万が一破綻してしまった場合の保証がありません。ここが銀行との大きな違いなので、最悪の状況を考えおく必要があります。

5・システム崩壊の可能性

2009年の誕生より、ビットコインのシステムは壊れることなく続いています。しかし、今後も問題なくシステムが存続できるという保証はありません。そのため『ビットコインは崩壊する可能性があるという』認識は持っておくことが重要です。そのためにも最新の情報やニュースは、常に収集しておくことでリスク回避に繋がる方法といえます。

ビットコインを保有するには

ビットコインは、仮想通貨のため紙幣や硬貨と違い、実際に手に触れることができません。そのためビットコインを保有するには『ビットコインアドレス』というものが存在します。イメージとしては銀行でいう『銀行口座』のようなものです。

ビットコインアドレス

ビットコインアドレスは、1または3から始まる27~34文字の英数字で構成されています。標準は1で始まるのですが、マルチシグというセキュリティーの高いアドレスは3から始まります。

秘密鍵がついてくる

ビットコインアドレスを取得すると同時に『秘密鍵』という暗号が発行されます。ビットコインアドレスとは真逆のもので、秘密鍵は自分だけが見ることのできる暗号です。ビットコインを送付する際に、秘密鍵で署名することで可能なり、受け取った人にしか解読できないような仕組みになっています。

見方を変えると、秘密鍵がビットコインの所有権を証明できるものなので、他人に知られてしまうと簡単に送付されてしまうため、取扱には細心の注意が必要ということです。

ウォレットサービス

ビットコインには『ウォレットサービス』という、ビットコインを保管しておく『お財布』のようサービスがあります。このウォレットサービスでは、『ビットコインアドレス作成』『ビットコイン残高照会』『ビットコインの送金』『ビットコインの着金』を行うことが可能です。

取引所での保有

ビットコインは、ビットコイン取引所を通して保有することも可能です。これは取引所のアカウントを取得している方あれば誰でも利用することができるサービスです。取引所では『ビットコインの売買』『ビットコインの送金』『ビットコインの受取』などを行うことができます。

ウォレット

ビットコインを保有する方法に『ウォレットサービス』があるということを先ほどの項で書かせていただきました。このウォレットサービスには『コールドウォレット』と『ホットウォレット』の2種類が存在します。

コールドウォレット

長期に渡って保有する場合に適したウォレットです。このコールドウォレットはさらに2つに分けられます。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは『紙』に『ビットコインアドレス』と『秘密鍵』をプリントアウトして、保管するという方法です。完全にオフラインのため、ハッキングに合う心配はないというメリットはあります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、オフラインの端末に『ビットコインアドレス』と『秘密鍵』を保管するものです。こちらもハッキング被害にあうリスクは大幅に軽減できるのですが、端末自体の費用がかかるという点が気になるところです。

ホットウォレット

続いて、ホットウォレットについてですが、コールドウォレットとは真逆の『常にネットワークに接続された状態』にウォレットのことをいいます。

秘密鍵をウォレットサービス側に管理してもらうのが一般的なため、自分自身で管理する手間が省けます。また、持ち運びに便利で、決済を行いやすい反面、不正アクセスによる送金の可能性があります。モバイルアプリでのウォレットが多いのも手軽さの理由の一つです。

ビットコインは長期保有がオススメ

ビットコインを購入すると、毎日の値動きがに一喜一憂する気持ちはよくわかります。しかし、基本的には『長期保有』と考え、早くても3ヶ月〜6ヶ月や1年といった、ゆとりを盛った気持ちで保有してください。

そのためには『余剰資金』が原則。ココロもお金もゆとりがないと常に値動きが気になり疲弊してしまいます。

取引口座を開設する

ビットコインを始めるには、まず『取引所』への登録から始めます。この取引所の登録をすることで、自由に仮想通貨の取引ができるイメージです。スマホから簡単に登録が可能ですが、本人確認に時間がかかりますので、後回しにせず早めに登録を済ませておくことをオススメします。

国内の大手取引所は下記の3箇所です。
bitFlyer(ビットフライヤー)
Zaif(ザイフ)
Coincheck(コインチェック)

まとめ

ビットコインについてのイメージは掴めましたでしょうか。

仮想通貨は、中央管理者がいない新しい時代の通貨で、ビットコインはその中の一部の通貨です。リスクには十分気をつけて、余剰資金で始められることをオススメします。

最初に登録する取引所は『bitFlyer(ビットフライヤー)』と『Zaif(ザイフ)』がオススメ。本人確認に時間がかかるため、登録は早めに行っておきましょう。